高瀬歯科医院のご案内

【所在地】

〒675-0065

兵庫県加古川市加古川町篠原町186-1


【TEL】

0794-22-8222


【交通】

JR山陽本線加古川駅北口より徒歩5分


【駐車場】
駐車場7台分ございます


診療科目
一般歯科/小児歯科/インプラント/審美歯科/ホワイトニング/予防歯科


院長
高瀬 昌幸


診療時間
午前:09:00~12:00
午後:14:00~19:00


休診日
木曜午後・日曜・祝日
土曜は17時までの診療となります。

一般歯科

歯がズキズキ痛む、歯茎が腫れて痛いなどの症状の場合、むし歯や歯周病がもっとも疑われます。一言でむし歯と言っても、むし歯の状態(C1~C4)によって痛み方や治療方法は異なります。 むし歯は風邪などと違い、放置しておいても治る病気ではありません。早めの治療によって、治療時間も痛みも費用も節減できます。

初期のむし歯です。 歯の外側を覆っているエナメル質にできたむし歯で、自覚症状はありません。 自分ではなかなか見つけにくいもので、お口の健康診断でよく発見されます。


【治療方法】

・むし歯を除去した後、白いプラスチック(コンポジットレジン)を詰めます。

・あまり負担なく治療できます。

むし歯が進行して、象牙質に及んだ状態です。
冷たいものや、熱いものがしみたり、痛みを伴い始めます。
さらにむし歯が進行すると、痛みが強くなる上に、治療にも時間がかかりますので、むし歯はこの時期までに治すことが大切です。


【治療方法】

・むし歯を除去した後、白いプラスチック(コンポジットレジン)や、セラミック、金属などを詰めます。

・痛みがある場合は、麻酔を行います。

痛みを感じていながらも治療しないで放っておくと、この状態になります。
むし歯が神経(歯髄)にまで及んだ状態です。
何もしなくてもズキズキとした強い痛みを感じます。
歯髄が感染して炎症を起こしていますので、歯髄を取る処置が必要になります。


【治療方法】

・麻酔をして歯髄を取り、歯の中を消毒します(根管治療)。

・根管治療が終わった後、詰め物または被せ物により修復します。

むし歯をさらに放っておくと、この状態になります。
むし歯によって歯は崩壊し、歯の根だけが残った状態です。
歯髄が死んでいるため、痛みは一次的に治まります。 細菌による感染が歯の根から周りの骨に及ぶと、骨が破壊され膿がたまります。 さらに重症になると、急激な痛みや発熱を生じたり、敗血症などの重篤な症状を引き起こします。


【治療方法】

・通常、抜歯となります。

・歯を残せる可能性がある場合は、根管治療を行います。

※C4まで進んでしまったむし歯の場合は、嘘のように「痛み」がなくなります。
くなったのは神経(歯髄)が死んでしまったからです。細菌はその間にも徐々に奥深くへと進行していきます。
そのまま放置した場合、最悪「顎骨骨髄炎」や「口底蜂窩識炎」といった命に関わる病気を引き起こすことがありますのでご注意下さい。

歯周病

一般の方が思われている「歯が失われる原因ナンバー1」は「むし歯」だそうですが、実際はそうではありません。
実は、ナンバー1は「歯周病」です。 歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。 歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。
軽度の歯周病 歯の付け根にプラークがたまり、炎症を起こしはじめます。 まだ痛みはありませんが、歯みがきをしたり、硬いものを食べたりした時に、出血を伴うこともありま
す。
中等度の歯周病 プラークが石灰化してできた歯石が大きくなるにつれて歯根膜(歯と歯肉をくっつけている膜)が溶かされ、歯周ポケット(歯と歯肉の間のすき間)ができてしまいます。 歯肉が腫れて膿が出だし、歯槽骨(歯を支える骨)の破壊がはじまっています。
重度の歯周病 炎症が進行し歯槽骨が壊され、歯がグラグラします。 歯根が見える状態までになると、血や膿も出て口臭もひどくなります。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
大切なことは、歯周病にならないこと、また再発させないことです。そのためには、ご家庭での毎日の正しい歯みがきと定期検診の受診が欠かせません。ご自信の大切な歯を守るために、しっかりと予防に取り組みましょう。

入れ歯

入れ歯は決して見た目だけのためのものではありません。 せっかく入れ歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせず、すぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。 当医院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。

●ノンクラプスデンチャー (部分入れ歯)

バネを一切使用しないので、金属アレルギーの心配がありませ。
軽くて、装着感も良く、弾力性があるので破折に強いのが特徴です。
見た目、装着感ともに非常にすぐれた、部分入れ歯です。

●レジン床義歯 (総入れ歯)

保険適応でお作りできる総義歯です。
プラスチック素材なので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません。

●金属床義歯 (総入れ歯)

入れ歯の床の部分が金属でできた総義歯です。
プラスチック素材の物に比べ、床を薄くすることができるので、熱が 伝わりやすい他、丈夫さや薄さを限りなく追及し自然に近い装着感や快適感を得ることが可能です。

●オールシリコーンデンチャー (総入れ歯)

歯肉にあたる部分が全部柔らかいため、痛くありません。
また、吸盤のように吸いつき、吸着力も抜群で、入れ歯特有の嫌な臭いがしないのも特徴的です。

●プラスチック (部分入れ歯)

保険適応でお作りできるデンチャーです。
金属のバネで隣の歯と固定します。プラスチック素材なので分厚くなり、快適さが損なわれる他、口の中で熱が伝わりにくくなるなど、機能的にも見た目的にも限界がありますが、噛むという入れ歯の基本的な機能については変わりません
入れ歯の治療は、丁寧で確実なスッテップを踏むことが重要です。
当医院では、一つ一つの治療作業をおろそかにせず、治療に十分な時間をかけています。
そして、患者さんが何でも食べれて、会話がスムーズにできて、自然な口許に見える入れ歯治療を行っています。
ホワイトニング